Cart Login About Shopping Contact Site Map

 

T-SHIRTS TAG

ヴィンテージTシャツのタグをメーカー別、年代別等にまとめました。タグは年代を判別する為の重要なディティールです。

また、素材としては70年代以前はコットン100%のボディが大半を占めているのに対して、80年代は製法技術が発達してコットン×ポリエステルの混紡素材が多く見られます。

【SCREEN STARS】

    

70'S(後)〜80'S(前)  70'S(後)〜80'S(前)  80'S(前)〜80'S(中)

  

80'S(前)〜90'S(前)  80'S(中)〜90'S(前)

【Hanes】

           

70'S        70'S      70'S(中)〜80'S(前)

  

70'S(後)〜80'S(前)  70'S(後)〜80'S(前)

  

80'S(前)〜80'S(後)  80'S(中)〜90'S(前)

【70'S TAG】

      

70'S RUSSELL     70'S ARTEX      70'S Ched

    

70'S HEAVY      70'S MASON      70'S SPRUCE

    

70'S UNKOWN    70'S CRAZY SHIRTS  70'S HI-CRU

【80'S TAG】

    

80'S JERZEES    80'S SNEAKERS    80'S CHED

    

80'S sportswear   80'S sportswear    80'S sportswear

    

80'S Anvil       80'S SNEAKERS    80'S Walt Disney

【ROCK T-SHIRTS TAG】

    

70'S UNKNOWN    90'S WILD OATS   80'S touch of gold

    

80'S BROCKUM   80'S〜90'S BROCKUM   90'S giant

    

80'S THE knits    80'S Spring Ford   80'S HANDTEX

【PAKISTAN T-SHIRTS TAG】

     

80'S FANTASY     70'S FANTASY      80'S UNKNOWN

     

80'S UNKNOWN     80'S UNKNOWN     80'S UNKNOWN

T-SHIRTS HISTORY

Tシャツの歴史

【〜1940'S -アンダーウェアとしてのTシャツ-】

Tシャツの起源は19世紀のヨーロッパまで遡る。当時、ヨーロッパの軍隊は夏でも涼しい木綿製のアンダーウェアを着用していたのに対し、アメリカ軍の兵士は厚いウール製の衣類しか着用するものが無かった。

ヨーロッパの軍隊が木綿製のアンダーウェアを着用していることを知ったアメリカの兵士はその下着を持ち帰り、木綿製のアンダーウェアはアメリカ国内に広まっていった。(持ち帰ったではなく、真似て作られたという説もある。)

1910年代、アメリカ軍の上層部で実用性が認められ、1939年から始まった第二次世界大戦のアメリカ陸海軍の公式な軍服として採用された。

Tシャツはアンダーウェアとして軍から派生したものだが1950年代に入るまでは、あくまでも下着として認知されていたものであり、ファッションとして着ることは皆無だった。

【1950'S -不良のアイコンとしてのTシャツ-】

第二次世界大戦後のアメリカ。戦争に勝利し、国は華やかに繁栄していた。当時の映画スターであるマーロン・ブランドやジェームス・ディーンのスタイルが少年の間で流行となる。

1955年公開の映画、「理由無き反抗」ではジェームス・ディーン演じる主人公のジムがリーゼントできめた頭髪で真っ白なTシャツの上に真っ赤なドリズラージャケットを羽織り、Leeのジーンズを履きこなしていた。このようなスタイルや革ジャンの下にTシャツを着用するファッションが社会への「反骨」、「反抗」の象徴として不良少年の間で人気となる。

しかし、一般の人の認識としてはアンダーウェアでしかなかったため、前述した不良少年の中ではファッションアイテムとして認知され始めてきたが、大多数の人には「下着のまま外に出るのは信じられない」と異端視されていた。(ユニフォームとしての着用は除く)

【1960'S -ファッション、広告としてのTシャツ-】

不良たちのアイコンでしかなかったTシャツだが、やがてマリリン・モンローなどの映画スターが着用したり、クリスチャン・ディオールなどのデザイナーズブランドがTシャツをデザインに取り入れたこともあり、ようやくこの頃にTシャツが市民権を得ることとなった。

そしてファッションとして認知され始めただけではなく、各大企業も広告塔としてTシャツに自分の企業のロゴをプリントして販促用として配られたり、キャンペーンに用いられるようなツールとして注目された。

ファッションアイテムとしても、企業のツールとしても、ユニフォームとしても様々な用途でTシャツが使用されるようになったことから、当時色々なパターンのプリントやロゴマークが生み出されることとなった。

【1970'S -アートとしてのTシャツ-】

企業の広告やファッションとして変わらぬ活躍をしている傍ら、1960年代後半に起こったヒッピー文化を背景にTシャツはさらなる変貌を遂げる。

ベトナム戦争に異を唱え、自由や平和を求めたヒッピー達は自分たちを表現する場にTシャツを選んだ。

Tシャツをキャンバスに見立て、彼らは自由にデザインを施し、染め上げた。この頃がアーティストがTシャツにデザインを始めた起源である。

そしてイギリス、ロンドンではパンク・ロックブームが巻き起こり、セディショナリーズをはじめとするパンク・ファッションが流行。

やがてミュージシャンをプリントしたTシャツが生み出され、ミュージシャンがツアーを行った際に会場で販売されたものがツアーTであり、それはこのようなパンク・ロックブームと広告塔としてのTシャツの文化が融合して生まれた産物である。

ファッション、アート、ミュージック、スポーツ、広告…様々な場面で活躍するTシャツは人々にとって切っても切り離せない存在として、その地位を確立していった。

Owner's Voice

〜当店へご来店いただいた方へ〜

Irvine -Vintage T-Shirts & Clothing Store-へようこそ。

私は18歳の頃、当時購読していた雑誌に中学時代の先輩が読者モデルとして毎号出られていたのをきっかけに古着に興味を持ちました。

当時はDCブームが去った後、ヴィンテージデニムブームが到来し、その流れでウエスタンスタイル、70'sサーフスタイルと、いわゆるアメリカン・カジュアルが大流行し、街中同じ格好をした若者で溢れかえっていたことは懐かしい記憶です。

そんなブームの中、当時購読していた雑誌に数年に渡り、読者モデルとして出演されていたその先輩は、読者モデルの中でも古着のコーディネートに抜群のセンスを誇っており、やがて雑誌の企画の中でも実際にアメリカへ古着のバイイングへ行かれていました。

その先輩へ憧れを持ち、先輩がアイテムを購入している古着屋へ自分も足を運び、様々な古着を見ている内に、やがて私自身も古着の世界に身を置きたいと考えるようになりました。

そして20歳からアパレル業界へ身を置き、幾つかのお店でアパレルの基礎から古着のいろはを学び、アメリカへ古着の買い付けを経験させていただき、いつしか自分だけの色を持ったお店を持ちたいと考えるようになりました。

思えば、今の形態を取るきっかけとなったのは2004年のヴィンテージ・ロックTブームでしょう。

それまでは古着全般に興味を持ち、お店を持ちたいと考えていたのも、いわゆるヴィンテージ・クロージングを取り扱うようなお店を描いていたくらいです。

しかし、2004年のヴィンテージ・ロックTブームの時に自分の古着に対する価値観が一変しました。

私は高校時代はバンド活動に明け暮れ、古着に興味を持つまでは本気でミュージシャンを目指そうと考えていました。

その時の熱い気持ちがヴィンテージロックTブームの時に古着への情熱と融合したような感覚になり、広大なロックTの世界にすぐに引き込まれていきました。

自分の中で音楽は今でも古着と同じくらい切り離すことができない大事なアイデンティティーです。

音楽と古着、それが融合したヴィンテージ・ロックTこそが自分の中で最強で最高のアイテムであり、自分の魂のような存在となるまでに時間はかかりませんでした。

もちろん当時のブームという勢いもあったことでしょう。

しかし、ブーム終焉後も私のヴィンテージ・ロックTへの情熱は冷めることなく追求し続けることとなり、次第にその熱は他のジャンルのTシャツへも広がり、いつの間にか古着の中でもTシャツが一番身近な存在となっていました。

そして、以前勤めていたお店を退職する際、先輩に言われた「自分の好きなジャンルは追求し続けていくように」という言葉も後押しして、Tシャツに特化したお店、特にヴィンテージ・ロックT日本一と言われるようなお店を出したいと考えるようになりました。

2007年から現在まで営業をし続けてこれているのも、自分に基盤を作って支えてくれたこれまでのバックボーン、応援していただいている周囲の人達、そして何よりこのようなお店に興味を持っていただき、ご利用いただいているお客様あってのことであると私は考えます。

私と同じような考えでジャンルに特化したお店もあるでしょう。

私以上にTシャツに造詣が深い方も多くいらっしゃるでしょう。

また、私より深いジャンルを追求されている方々も周りに沢山います。

そして私自身、広意義ではTシャツに特化したお店として営業させていただいておりますが、実際にTシャツに特化していなくても当店より品数が豊富で、グレードも高く、Tシャツ意外にも素敵な商品を取り扱っているようなお店があることも私は知っています。

しかし、私はそれでもヴィンテージ・Tシャツの取り扱いではどこにも負けない日本一のヴィンテージ・Tシャツショップであるという自負を持っております。

もちろん、実際に日本一かどうかなんてことは自分が決めることではなく、周りの評価に委ねる部分ではありますが、日本一かそうでないかというのは、実は自分の中でそこまで重要ではなく、そのくらい想いを馳せることができるものを持てたことに喜びを感じ、そのように感じる商品を訪れていただいた方へご提供し続けていくことが最も重要であると考えています。

自分が想いを馳せている商品を購入いただけるのはもちろん嬉しいのですが、それと同じくらい当店を訪れた人に商品を観ていただきたいと私は思います。

観ていただいた上で、刺激を受けていただいたり、驚きを覚えていただいたり、何かを好きになるきっかけになったり・・・。

当店の商品が人生を変えるとまでは言いませんが、訪れていただいた方への人生を彩る何かになるのであれば幸いに思います。

これからも訪れていただいた方へ何かしらのインスパイアを与えられるような、そんなお店を目指していきたいと考えます。

ようこそIrvineへ。

色とりどりのヴィンテージTシャツの世界をどうぞお楽しみください。

Irvine -Vintage T-Shirts & Clothing Store- 

Owner 坪井 良太